バーチャル量水標

バーチャル量水標とは写真と水位を反映した量水標画像を合成して、現地写真に仮想の量水標を表示するシステムです。
バーチャル表示のため、現地への設置作業が不要なため観光地等の美観に配慮する必要がなく、汚れて見えなくなったり、増水時に流されて紛失することがありません。デザインや大きさをカスタマイズすることもできます。

当社の水位計測カメラeye-Boxでの水位表示だけでなく、河川監視カメラの写真と水位計のデータを組み合わせて使用する、バーチャル量水標提供サービスもご利用いただけます。

eye-Boxでの水位表示(昼)
例1
eye-Boxでの水位表示(夜)
例2
バーチャル量水標提供サービス
例3

商標登録済 バーチャル量水標:登録5979728
特許出願中 スマートバーチャル表示システム:特開2018-146559(P2018-146559A)

バーチャル量水標のデザイン例

標準メモリ

標準メモリ型(10cm区切り)

メモリ範囲の大きなバーチャル量水標を、小さく映っている橋脚などにセットする場合
メモリ表示が潰れてしまうことがあります。そのような場所では簡易メモリ型をご使用ください。

簡易メモリ

簡易メモリ型(1m区切り)

色分けが1m単位なので、小さなスペースにセットする場合でもデザインが崩れません。
水位ラインの上に現在の水位値が表示されます。

危機管理

危機管理型

危機管理型水位計の基準と同じ色分けになっているデザインです。
グレーは氾濫開始水位
赤は危険水位
オレンジは避難判断水位
黄色は危機管理型水位計の観測開始水位
白は平常水位
水位ラインの上に現在の水位値が表示されます。

無地

無地

無地デザインです。
水位ラインの上に現在の水位値が表示されます。

運用の流れ

契約後、初期作業としてカメラごとに与えられる設定用Webサイトにてバーチャル量水標の設定を行います。(合成元画像のURLやバーチャル量水標デザインなど)
当社のバーチャル量水標サーバURLに契約IDと画像ファイル名、水位値を指定してアクセスすると、バーチャル量水標の合成された画像が表示されます。

アラソフトウェア社内ライブデモ

Raspberry Pi Zeroと赤外線カメラを使用して画像解析による水位計測を行っています。

最新の社内ライブデモ画像

ライブデモの注意点

下の画像は実際に社内デモを実施している現場の写真です。

ライブデモ現場

バーチャル量水標提供サービスの価格(税別)

1カメラあたりの初期費用:80,000
バーチャル量水標使用料:5,000/月
※契約カメラ数により初期費用の割引あり